地味な白いワンピース女に腹パンチ!あまりの幸の薄さに勃起不可避の動画

 

●タイトル:幻想の森
●出演者:-
●メーカー:ボディーゾーン
●画質:SD
●時間:49分

 

⇒無料動画はこちら

 

リリースは2009年6月15日。ナンバリングはBZ-16。

10年以上の歴史を誇るボディーゾーン作品の中でも最初期といって良い作品です。この頃から「徹底的な腹パンチ」というボディーゾーンの型は出来ていますが、雰囲気は最近の作品とはやはり違いますね。

まずは出演女性のファッションセンスがまだまだ平成初期のそれです。

バブルの残り香がまだ世の中に漂っていた時代のファッションセンスです。というより、ある程度落ち着いた年齢の女優さんが出演しています。女優さんの全盛期というか、イケイケだった時代は平成初期だったのかもしれません。

当時はアダルトビデオ業界全体の女優さんのルックスのレベルが近年ほど高くはなかったと思うので、多少はアダルト度の低い腹パンチ動画であっても「アイドル級」という女性は稀だったかもしれません。

決してブスではないですが、わりと地味めな女優さんです。

とはいえ、本作の見どころはそういうところではありません。

腹パンチという嗜好が一般的になってきた近年でも稀な「屋外での腹パンチ」という点です。白いワンピースの女性が青い胴着姿の男にお腹を殴られ、「アッ!」「ウッ!」とうめき声をもらします。

殴っている男はボディーゾーン作品ではおなじみの方ですが、当時から強烈なボディーブローの使い手でした。もっとも、近年の作品に見られるようなフェイントは見られませんでした。

胴着を着ているあたりから、ボクシングではなく空手系の拳法の使い手だったのだろうと思われます。空手の正拳突きは着衣の上からでも効くんですよね。痛そうです。

さて、冒頭で女性は地味めと言いましたが、殴られているときの動画を見ると本当に幸薄そうな表情の女性です。

怯えた目で胴着の男の拳を見つめる表情。殴られてしゃがみこみ、セミロングの髪を乱しながら引き起こされ、眉間にしわを寄せる表情。唇を噛みしめ、痛みに耐えながら喘ぐ表情。

なんだか腹パンチ作品としての演技ではなく、DVにでも遭っている女性のような生々しい顔を見せてくれているような感じです。

リアリティというか、腹パンチという暴力の生々しさを増幅してくれている本作のポイントは、やはり屋外ということでしょうかね。

密室のスタジオ内ではなく、日常生活と地続きなところにある屋外での腹パンチはなぜかドロドロとした恐ろしさを演出してくれています。

山中というロケーションはなんだかSMチックですしね。素人目で一番取っつきやすいSMは野外露出です。山中で縛られたりおっぱいを露出させられている女性の姿は投稿系の雑誌なんかでよく見かけます。

本作も一種の野外プレイですから、緑の中に似合わない白いワンピースの女と青い胴着姿の男というミスマッチは、無理やり連れ込まれたという雰囲気を醸し出していて良い感じです。男がピクリとも笑わないハードボイルドなところもポイントです。

本作はボディーゾーン作品らしく、エロ要素はまったくない作品でしたが、屋外で腹パンチという点にフェティシズムが感じられます。

今回、サンプル動画内では乳首どころかパンチラすらありませんでしたが、屋外で殴られて怯える女性の表情には腹パンチマニアならそそること間違いなしです。

 

⇒無料動画はこちら

 

【腹パンチ動画をもっと見られる!】

 

お願い!もう殴らないで…

 

こんなに嫌がる小柄な娘を、押さえつけて腹パンチをする動画を見たくありませんか?

 

⇒上記の動画本編はこちら

 

また他にもこんな動画を見てみたくありませんか?

●号泣・泣き叫ぶ女性を腹パンチ!
●嘔吐・ゲロ吐きするまで腹パンチ!
●失神・気絶しても腹パンチ!
●失禁・お漏らししても腹パンチ!
●腹パンチだけでなく腹蹴りまで!

上記のような動画はこちらで見られます

 

⇒女性に腹パンチをする動画はこちら

 

【泣き叫ぶ・失神・失禁・嘔吐・レイプ!腹パンチ動画をもっと見られる!】

もうやめてください…

 

こんな美人でスレンダーな女性が、くの字になりながらか細い声で懇願してくる動画を見てみたくありませんか?

また他にもこんな動画を見てみたくありませんか?

●号泣・泣き叫ぶ女性を腹パンチ!
●嘔吐・ゲロ吐きするまで腹パンチ!
●失神・気絶しても腹パンチ!
●失禁・お漏らししても腹パンチ!
●腹パンチだけでなく腹蹴りまで!
●腹パンチしながらレイプ!

上記のような動画はこちらで見られます。

 

⇒女の子が泣き叫ぶ腹パンチの動画はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です